絶対守っていただきたい学習手順

1. 書き取りシート書き取りシート をクリックして書き取りシートのファイルを開き、プリントアウトします。(→利用環境)

2. 音声 音声 をクリックして音声を再生し(→利用環境)、ニュースを聞きながら書き取りシートの空欄を埋めていきます。
書き取りシートの空欄の大きさは入るべき単語の長さを表しています。また、ところどころに、ヒントになる単語が記されています。
空欄のブランクが 3 個以下になることを目標として、繰り返し聞いてください。そのために必要であれば 50 回でも 100 回でも聞きましょう。
また、どうしても聞き取れないところは、ありとあらゆる手段を使って推測してみてください。例えば、
・空欄の短さから考えると、ここには前置詞が入るにちがいない…
・主語+動詞+目的語といった文型の知識にもとづいて、前には主語がきているから、ここには動詞が入るにちがいない…と考え、その意味を前後の内容から推測し、それに相当する英語を和英辞典で調べてみる
・聞こえてきた音からスペルの見当をつけて英和辞典を引き、さらに前後の内容から範囲を絞り込む
など、どんな方法でもかまいません。ここで、労を惜しんではいけません。

3. 何回も繰り返し聞いて「もう、これ以上は無理」と感じるまで解答(=英文原稿)は見ないようにしてください。
ここで我慢をすればするほど力がつきます!

4.「まだ解答を見ないで何とかがんばりたいが、自力では限界」という人のために、ヒント(訳文) ヒント(訳文) を用意しました。(→利用環境) 最後の手段として利用してください。

5. 解答 解答 をクリックして解答のファイルを開きます。(→利用環境)
自分が書き取りシートに記入したものを解答とつき合わせて、チェックを行ってください。
解答を見た瞬間、「なるほど、これだったのか!」という感動がなければ、聞く回数がまだまだ足りなかった、取り組み方が甘かった、ということです。

6. 答え合わせをして終わりではありません。できなかったところ(聞き取れなかった部分、間違えた部分)に特に注意して、解答を見ながら何回も音声を聞いてください。

7. さらに、音声だけを聞いてすぐに内容がわかるようになるまで、繰り返し聞いてください。

8. 一度学習した音声素材でも、一定の間隔(例えば、一週間)をおいて、繰り返し聞きなおすようにしましょう。

注意
音声ファイルや、書き取りシートと解答のファイルをダウンロードしてご利用なさる方は、以下の方法で行ってください。
(1) アイコンをマウスでポイントし、右クリックします。
(2) ショートカットメニューの「対象をファイルに保存」をクリックします。
(3) ダイアローグボックスが表示されたら、保存先を選択して保存を行います。